FC2ブログ
「 昇級・昇段審査会 」

「春季昇級審査会」 は、2月22日(日)郡山カルチャーパークで行われ、

220名の門下生が日頃の稽古の成果を披露しました。


ほか、「昇段審査」 も同時に行われ、

初段に3名、弐段に4名、3段に2名の先輩方が挑戦しました。


整列



審査はまず、基本から。

基本4

kiho 1

基本5

基本2

基本3




続いて移動。

昇段挑戦の皆さんは6本蹴りがプラスされ延々と行いました。

基本

移動3

移動1

移動



型は白帯門下生の「太極Ⅰ」からスタート。

昇段の皆さんは「太極Ⅰ」から「五十四歩」まで全ての審査を受けました。

型2

型1

型

型5

型8

型3

型6

型7




逆立ち歩行、柔軟、帯飛び、補強の腕立て伏せほか、

茶帯以上の皆さんは座高蹴り。

逆立ち

柔軟2

帯飛び1

帯飛び

補強1

補強

座高蹴り





昇級門下生の補強は腕立て伏せのみですが、

昇段の皆さんは、拳立て、腹筋、スクワットの3種類。

黒帯補強2

黒帯補強3

黒帯補強1

黒帯補強




そして最後は、組手の審査。

組手9




初級の門下生はまだまだ慣れないところがあり、

準備の時間から、緊張感が漂います。

組手6

組手8




5級までは1人の組手ですが、

4級挑戦者は3人組手、3級へは4人組手、

2級へは5人組手、1級へは7人組手の連続に挑みました。

組手11

組手10

組手5

組手3

組手2

組手1

組手13

組手14

組手15




昇級審査の組手終了後は、昇段組手です。

初段挑戦者は10人、弐段は20人、参段は30人連続組手。

初段に挑戦したのは、修行10年の中高生トリオ。

新くん

統河くん

柊太くん




20人組手は、門馬道場ほか、千葉武颯会、東京石神井公園道場、

栃木小山道場の責任者・指導員ら4人。

井上先輩

成田さん

龍之介さん

稔先生




30人組手は、門馬道場・門馬功師範代、

千葉武颯会・日下部達也指導員の2人。

師範代

日下部さん





受審者全員が、最後の最後まで力を振り絞り、

長年の修行の成果を発揮。

応援者の声援はどんどんと大きくなり、感動の中、完遂致しました。

昇段へ挑戦された皆さん、お疲れ様でした。

黒帯集合1

黒帯集合

成績表




各道場により、合格発表は異なりますが、

門馬道場生におきましては、筆記試験含め確認後、

後日発表致します。

閉会

閉会1




なお、次回の審査会は6月に予定しております。

次なる目標と掲げ、日々の稽古に励んで下さい!


押忍